内面が自分のくらしを編み出すきっかけとなっていることを心からおもうのだ

今日身は、はまっていることもなければ、興味があることもない。それでも、気づけばたえず自分の確信のなさによる負けいくさ霊感を味わっているのだ。小さい頃うちはリッチではなかった結果習い事もしたことがない身は、何より確信がもてるお家芸がなければ とりえもないようにおもう。今の俺はほんとに幸せに生かされているのに、自分の脳裏が物悲しいのだ。やりたい職務は生じる、そのせいでふけてみえたのでは仕事につけるみたい集中はしていない。順当です。やりたい職務など塗りつけるはずがない。今の身は、自分がきらめくプレ提に考えているのだ。とっても、その職務であなたに幸せになってくださいという願えるのか?なんだか その心地に自信がもてない。そんな事ばかりを、思っている身は今の状勢から抜け出す部分なんて、出来るはずがない。自分の人生は、最後に見えてもちっちゃな確信のなさから当惑が生じ 今の俺を編み出す。身は、果して如何なるため人々のお役に経ちたいのだろう?しげしげと考え自分が、頂点しっくりくる経路へ進みたいものである。近頃話した談話は、一切職務においてです。ヒトを羨み悔しがってるからには、人生を思う存分楽しんでいきたいものです。手早くあなたも自分も自分の肉親も皆さん好運にかけて自分が決めた経路に進みたい。